kaneda rikon0001.png

親権は子供の将来を決める大切な権利です。

親権者を誰にするか

離婚した場合、未成年の子供は、父母どちらか一方の単独親権となります。未成年の子供がいる場合、離婚を成立させるには親権者をどちらにするか決める必要があります。

どちらを親権者にするか話がまとまらないときは、調停や裁判等で親権者を決めることになります。ここで注意していただきたいことがあります。

いったん、どちらが親権を行うかを離婚届に書いてしまうと、そのとおり戸籍に記載されてしまいます。
その後、親権者を変更するには家庭裁判所に申し立て、それが認められる必要があり、簡単に変更ができるというものではありません。ですから、親権者はよく考えて慎重に決める必要があります。

たいせつなことは子供の立場になって考えるということです。

「子が安定した生活環境ですごせるにはどうしたらいいか」ということを考えて決めるべきでしょう。
なお、内縁の夫婦の子は母が親権者となります(ただし、認知後、協議などで父を親権者に定めることはできます。)。

親権とは

父母が、未成年の子の身の回りの世話や財産管理をする権利・義務のことをいいます。

親権者を定めるのに考慮される事項

子供の福祉にかなうこと がキーワードです。

具体的には、以下のようなことなどが考慮されます。

●子供が乳幼児の場合には、通常、母親の愛情のもとで生活することが必要
●子の意思の尊重(15歳以上の子供については特にその意思を尊重する)
●子供の父母の心身状態
●子に対する愛情、監護意思
●監護能力
●監護補助者(子供の祖父母など)の有無やその状況
●経済状況
●監護の継続

離婚後の子供との関係・間柄

夫婦の一方のみ親権者となります。子供が数人いる時は、子供ごとに親権を決めなければなりません。 上の子の親権は夫、下の子の親権は妻、ということもできます。ただ、子供の年齢が低い場合には、兄弟姉妹が一緒に住む ということの重要性も考える必要があるでしょう。


●親権
●監護者
●面接交渉
●親権・監護権の変更


josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス