kaneda yoikuhi0004.png

養育費に関して

離婚しても、子供に対する関係では親であることに
変わりはありません。

子供を監護していない親には、子供の養育費
負担の問題が発生
します。養育費には、衣食住の
経費や教育費、医療費などが含まれます。

育費の算定方法
子供を監護していない親と他方の親との年収を出発点
として算定します。養育費は、裁判所が原則的に
活用している算定表があります。

支払方法について
通常は、毎月いくらずつというように、定期的に支払っていきます。

養育費の変更
養育費の支払いは長期間に及ぶ場合もあり、
その間に、倒産、失業、収入の増加、再婚という
事態が発生することもあります。
このような場合に、養育費の増額・減額が認められる場合があります。

00400040.png


支払時期について
いつから…別居時、離婚時など審判例は
いろいろあります。
いつまで…18歳まで、成人に達するまで、
大学卒業時期22歳まで、
などという目安があります。



●慰謝料に関して
●財産分与に関して
●養育費に関して
●婚姻費用に関して
●年金分割に関して


josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス