強制執行とは…

相手が慰謝料や養育費などを約束どおり支払わない場合、裁判所に申し立てて、強制的に相手の財産を差し押さえ、支払いを実行させる制度です。
 

強制執行の対象となるものの例

・相手の給与
・会社の売上(相手が自営業者のとき)
・不動産
・預貯金

強制執行するためには

1.債務名義
「債務名義」というものが必要になります。債務名義とは、かんたんに言えば、請求できる権利があることを公的に証明する文書のことを言います。債務名義の具体例をあげると、確定判決書、和解調書、調停調書、執行認諾文言付公正証書などです。

金銭の支払いについて口約束しかなければ強制執行の申立てをすることはできません。夫婦間で文書にしていても、その文書が執行認諾文言付公正証書でなければすぐに強制執行の申立てをすることができません。

2.その他
強制執行の申立てをするためには、債務名義に執行文が付与される必要がある、送達証明書が必要となる、などのややこしい事柄があります。強制執行については専門家にご相談されることをおすすめします。


●慰謝料に関して
●財産分与に関して
●養育費に関して
●婚姻費用に関して
●年金分割に関して


josei.PNG
離婚のお悩みをスムーズに解決するために
つのポイントを抑えてください。 
詳しくはこちら>>>

 

 

離婚に関する相談受付中!どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。

どんな些細なご相談でも構いません。お気軽にご相談ください!

※お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。ご了承ください。

●事務所紹介 ●弁護士紹介 ●弁護士費用 ●アクセス